少し前に、ゴディバの『義理チョコやめよう』広告が話題になったけども、
それについては「はぁ?何言ってンの?義理チョコこそゴディバじゃないですか!?」という感想しかない(笑)

なぜ、ゴディバは義理チョコとして最適なのか?

それはスイーツに関するアンテナが高くない人たちにさえ ある程度認識された知名度と、一部コンビニクラスの低価格帯があるにしろ、まあまあそこそこの値段のするチョコレートという非常にわかりやすい価値感を約束してくれるからである。

義理であげるにしろ、いや義理であげるからこそ、渡した相手にだいたい幾らくらいのものをあげたのかをわかって貰わないと意味がない。
その意味で今やゴディバは義理チョコにはうってつけのブランドなのである。