小売業の特性から、年中無休が多いが、従業員らは大変だ。しっかりと休みが取れる体制と、賃金などをしっかりと保証するのが基本だ。

人手不足で、今後はAIを活用し、人がいなくても店舗運営ができる店が増えてくるだろう。店は単に商品を見せるだけで、後はインターネット通販で注文する形式が多くなっている。

ブランド買取はどういう形式がいいのか、今後どんどん新しいものが出てくるだろう。

私がよく利用していた地元の古本屋さんは倒産してしまった。

大阪市内の古本屋は、チェーン店で「ビジネスライク」といった感じで、私が今まで持っていた古本屋のイメージとは程遠い。「機械的」ともいえる。採算が合って経営しなくてはつぶれてしまう。

そのチェーン店の仕組みを見てみると、消費者が簡単に、本などを店に持ち込み買い取ってもらえる。
販売価格は、コミック本は安いので税込みで110円だ。